ニキビを防ぐ洗顔方法

ニキビを防ぐ洗顔方法

スキンケアに気をつけていたのにニキビができてしまうことがありませんか。もしかしたら洗顔方法が間違っていたのかもしれません。ニキビを治すには洗顔が大切です。しかし、間違った方法で洗顔をしているとニキビを悪化させます。正しい洗顔方法を身につければ、ニキビができにくく治りやすくなります。

 

ニキビができる原因

 

毛穴がふさがれて皮脂が毛穴内部にたまるとニキビができます。メイク汚れや皮脂をしっかり落とさないと、毛穴がつまってニキビができやすくなります。
毎日しっかり洗顔をしているつもりでも、毛穴の奥の汚れまで落とせていないことがあります。しっかりと毛穴の奥まで洗うことでニキビができにくくなります。
しかし、過剰な洗顔もニキビをつくります。洗い過ぎると必要な潤いが流されて乾燥し、過角化という現象が起こり角質が厚くなります。角質で毛穴の出口がふさがれて毛穴がつまりやすくなります。きれいにすることが大切ですが、洗い過ぎもよくないのです。

 

洗顔料の選び方

 

洗浄力が強い洗顔料は、汚れをしっかり落とすけれど必要な潤いまで落としてしまいます。潤いを残す洗顔料はきちんと汚れを落とせません。
おすすめは純石けんです。石けん素地だけで作られていて肌の負担が少ないです。合成界面活性剤を使った洗顔料と違い、潤いを必要以上に落としません。

 

洗い方

 

朝晩2回の洗顔をします。乾燥がひどい場合は、朝はぬるま湯洗顔のみでもよいです。

 

こすると乾燥しやすくなるので、こすらないように優しく洗います。洗顔料をよく泡だてて、泡をクッションにすると摩擦を防げます。

 

皮脂が気になるTゾーンに洗顔料をのせてクルクルと優しく洗います。小鼻も丁寧に洗いましょう。乾燥が気になる目元や口元は泡をのせるだけにします。
長く洗っていると必要な潤いが流れるし肌の負担が増えるので素早く洗顔を終えましょう。

 

すすぎ残しは洗浄成分が毛穴をつまらせてニキビの原因になります。あごや髪に生え際はすすぎ残ししやすいので丁寧に流します。

 

毎日丁寧な洗顔を心がけていれば肌が変わってニキビができにくい状態に近づきます。