セラミドは角質層でサンドイッチのように水分を挟み込んで潤いを保持

セラミドは角質層でサンドイッチのように水分を挟み込んで潤いを保持

肌の水分保持力の大部分を担っている細胞間脂質を構成する成分がセラミドです。セラミドが肌に多く存在している赤ちゃんの肌はしっとりぷるぷるとしています。セラミドは化粧品にも配合される美容成分です。では、どんな働きがあるのでしょうか。

 

保湿成分の種類

 

保湿成分には、水分を抱え込むタイプ、水分を挟むタイプ、水分を吸着するタイプの3つがあります。水分を抱え込むタイプがヒアルロン酸やコラーゲンです。自らが水分を抱え込んで角質層の水分を保持します。

 

水分を挟むタイプがセラミドです。角質層でサンドイッチのように水分を挟み込んで潤いを保持します。水分を抱え込むタイプよりも高い保湿力があります。水分を吸着するタイプにはNMFがあります。外部の水分を吸収して保持します。3つのタイプの中では水分保持力が低いです。

 

セラミドの力

 

肌の角質層にセラミドがしっかりと存在していれば、砂漠のような乾燥した地域でも肌は乾燥しないといわれています。セラミド配合の化粧品を塗布すると、2〜24時間保湿力が持続します。敏感肌の方は化粧品でヒリヒリやかぶれがでることがありますよね。そんな方にセラミドがおすすめです。セラミドは低刺激の美容成分なので、肌が弱い方でも大丈夫なケースがあります。アトピー性皮膚炎の治療に取り組んでいる臨床医もセラミドに注目しています。

 

セラミド化粧品の選び方

 

化粧品に配合されるセラミドには、ミルクセラミド、疑似セラミド、植物セラミド、ヒト型セラミドがあります。この中でもっとも保湿力が高く刺激が少ないものがヒト型セラミドです。人の肌に存在するセラミドと構造が似ており、高い保湿力と浸透力があります。成分をナノ化したヒト型ナノセラミドにはさらに高い浸透力があります。

 

セラミドが配合されていても配合量が少ないと効果が期待できません。1本の量にもよりますが、1本3000円以上が目安です。配合力が記載されているとよいですが、記載されていない場合はメーカーに問い合わせるとよいでしょう。