乾燥性敏感肌の予防法や治し方

乾燥性敏感肌の予防法や治し方まとめ

寒くなって肌が乾燥してくるこの時期、もしかして肌が赤くなってヒリヒリしたり、ポツポツ湿疹が出ていませんか?

 

もしかしたらそれは乾燥性敏感肌のせいかもしれません。
乾燥性敏感肌を治すためにはどうすればいいでしょうか?治し方や乾燥性敏感肌にならないために気をつけることをご紹介していきます。

 

乾燥性敏感肌とは

 

乾燥性敏感肌とは、乾燥することにより肌のバリア機能が低下して水分量が減り、肌が炎症を起こして痒みや赤みが出たり、ヒリヒリしてしまうお肌のことです。

 

なぜ乾燥性敏感肌になるのか

 

肌を外部刺激から守っている表面の皮脂や、角質層の細胞に含まれる天然保湿成分(NMF)、セラミドや脂肪酸などの細胞間脂質が少なくなってしまうからです。
それにより、肌のバリア機能が低下して、乾燥や外部刺激を受けやすくなるためです。
乾燥性敏感肌になる原因は、加齢や乾燥、合わないスキンケア、不規則な生活や食生活、ストレスによるものだと考えられています。

 

乾燥性敏感肌にならないためには

 

多量の合成界面活性剤を避ける

 

乾燥性敏感肌にならないために挙げられるのは、まず合成界面活性剤を使用しないことです。
合成界面活性剤とは、水と油など、本来なら混ざりあわない物質をを馴染ませ、混じりあうことができるように人工的に合成されたものです。
この合成界面活性剤が、肌のバリア機能を壊してしまうと言われています。
メイクを落とすクレンジングには、合成界面活性剤が含まれています。特に、オイルタイプのクレンジングオイルに多く含まれているので、クレンジングを使うときは肌に優しいミルクタイプやクリームタイプのクレンジングを選ぶようにしましょう。

 

スキンケアで刺激を与えない

 

洗顔の時に体温より熱いお湯で洗ってしまうと、皮脂を取りすぎて乾燥を招いてしまいます。
乾燥を防ぐには、32度?33度のぬるいお湯で洗いましょう。
また、化粧水をつける時に使うコットンも、刺激になってしまうことがあります。品質の悪いものなど、肌に合わないコットンを使った場合には、肌が炎症を起こしてしまうことがあります。

 

充分に睡眠をとり、食生活に気をつける

 

充分な睡眠をとることにより、成長ホルモンが分泌され、お肌を修復してくれます。
また食生活を見直し、タンパク質・オメガ3系脂肪酸・β-カロテン・ビタミンB.C.E・アントシアニンなど、肌のターンオーバーを正常化する食べ物を意識して摂るようにしましょう。"