ニキビを悪化させる化粧水と良い化粧水は何が違う?

ニキビを悪化させる化粧水と良い化粧水は何が違う?

洗顔後はバリア機能が低下して乾燥しやすくなっています。洗顔後は化粧水で素早く保湿をする必要があります。
ここでニキビを悪化させてしまう化粧水とニキビを治す役割を果たす良い化粧水は何が違うのか?を解説していきたいと思います。

 

ニキビ対策に最適なコスメはルナメアac

 

ニキビを悪化させる化粧水

 

ニキビができている方はさっぱり系の化粧水を選びがちです。確かに、皮脂がたまるとニキビができやすくなりますが、さっぱり系の化粧水ではニキビは治りにくいです。必要なのは保湿です。乾燥すると潤い不足を補うために皮脂分泌が活発になり毛穴がつまります。

 

保湿が大切ですが、保湿系の化粧品はとろみがあるものが多いです。とろみは肌表面にとどまって毛穴つまりを起こします。

 

植物系の化粧水は肌に優しそうなイメージがありませんか。ニキビができているときはできるだけ刺激を与えない方がよいので、植物系の化粧水はニキビを治すのによさそうですよね。しかし、植物系でもニキビを悪化させることがあります。ニキビの原因菌のアクネ菌は油分が大好物です。オレイン酸など油分を配合した化粧水は、油分がアクネ菌のエサになって菌を繁殖させます。

 

ニキビによい化粧水

 

保湿をする必要があるので、保湿系の化粧水を選びます。保湿成分にはヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、NMFなどがあります。

 

ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンは分子が大きい成分で肌表面にとどまる性質があり毛穴をつまらせます。分子を小さくして浸透力を高めたものなら毛穴をつまらせにくいです。

 

セラミドは保湿力が高くバリア機能の回復を助ける働きがあります。肌の保湿力の80%を担う細胞間脂質の構成成分です。バリア機能が回復するとアクネ菌に対抗する力がつき、乾燥しにくい肌になります。

 

油分はアクネ菌を繁殖させたり毛穴をつまらせるので、油分を配合した化粧水は避けましょう。保湿系の化粧品の多くが油分を配合しているので気をつけてください。ノンコメドジェニックやニキビ用の化粧水は油分を含んでいないものがあります。

 

ビタミンC誘導体には皮脂分泌をコントロールして毛穴をつまらせにくくしたり、ニキビの炎症を抑える働きがあります。

 

メルラインの口コミ、顎ニキビに効果を実感できる理由